個人レッスン434回目(2017/5/2回目)


    旧アーバン デュエット 28

    リズムがとりにくい、歌いにくいというのは、この曲が難しいのか好きじゃないのか。

    「先生、この小節の音符、多くないですか?」
    「16分で書いてるところ、3連符の32分音符ですね。」
    それは速すぎでしょ。

    もう少し練習してみます。


    旧アーバン デュエット 27

    比較的読みやすい。
    という事は、吹きやすい。


    旧アーバン デュエット 26

    これももう少し練習すれば、楽しくなりそうですね。


    前回、
    「カデンツァ、良くなってきましたね。」と言われて嬉しかった。
    フェルマータも少しわかってもらえるようになったかな?(笑)

    練習、練習。

    個人レッスン433回目(2017/5/1回目)


      歌うことが第一というのがわかってきました。

      絶対的な音程は取れませんが、基音をピアノで聴けば何とか歌えるようになりました。

      「楽譜を読むのが楽しくなってきました。
      何で14年もトランペットやっててわからなかったんでしょう?」

      「まだ、高々14年でしょ。」
      おっしゃる通りです。

      練習、練習。

      個人レッスン432回目(2017/4/2回目)


        旧アーバン デュエット 26

        何とかリズムも音程もとれるようになってきました。
        歌うと吸収が早くなる感じがしますね。

        旧アーバン デュエット 25

        歌えるって大事なんですね。
        楽譜を読むのが楽しくなります。

        旧アーバン デュエット 24

        相変わらずフェルマータの予備動作ができず。orz

        旧アーバン デュエット 23

        最後のカデンツァの前の音が細くなりすぎて、首を絞められた鶏のよう。(汗)

        「歌った声そのままで吹いてください。
        朗々と歌うようにしてください。」

        歌って、吹いて、歌って、吹いて・・・・
        楽譜を見て歌えるって、なんて楽しいんでしょう。

        練習、練習。

        個人レッスン431回目(2017/4/1回目)


          旧アーバン デュエット 26

          これは明らかに練習不足。(汗)
          8小節で撃沈。

          旧アーバン デュエット 25

          これもだいぶ歌えるようになりましたが、まだ指がバタつきます。

          旧アーバン デュエット 21

          先週はずっと頭の中を回ってた曲。
          跳躍が決まらないと、少しずつずれてくるので撃沈してしまいます。

          練習の時にメトロノームを使いました。
          メトロノームって、4分の4拍子の時4拍に一回ベルを鳴らせますが、
          「カチ・カチ・カチ・チーンなのか、
          チーン・カチ・カチ・カチ」なのかどっちかわからなくなりました。(笑)

          師匠に聞くと、
          「一拍目です。」
          確かに4拍目にすると吹きにくかったです。(笑)

          そろそろ18-20は、卒業しないとね。

          練習、練習。

          個人レッスン430回目(2017/3/4回目)


            今月は4月にお休みが多いので、4回目です。

            旧アーバン デュエット 25、24、23、22

            23にはカデンツァの後にフェルマータ、24にはフェルマータが最後の小節にあります。
            師匠がとても合わせにくそう。(汗)
            予備動作が無いので、不意打ちを食らってる感じですね。
            フェルマータに入る前、フェルマータを終わるときの動作が無いんです。」

            吹いてるだけで精いっぱい。
            そういえばアンサンブルではみんなアイコンタクトや、楽器の揺れでタイミングをとってますね。

            やってみるけど、とてもぎこちないです。(涙)

            練習、練習。
            GO TOP