個人レッスン459回目(2018/1/3回目)


    「もっと先に進みましょう。」という師匠のご意見ですので、
    今日でSelected Duets for Clarinet: Easy to Medium の1番から4番は卒業いたします。

    息が漏れる話をすると、
    「ばてるというのは、筋肉がつった状態なんですよ。
    力が抜けた状態では、唇は閉じていて息はもれません。」

    1番

    入れ歯が大分慣れてきて、とりあえず吹けてますね。


    2番

    小さな音が吹けてない感じ。
    先週よりはましですけどね。


    3番

    大分拍が取れるようになってきました。


    4番

    ここまでは今回で終了としましょう。


    5番

    一拍目にアクセントを持って来ないといけないのですが、ブレスのあとにアクセントが来て、三拍子の一拍目にアクセントが付かない。

    ごく小さな音で吹く練習をしてください。
    最初の音を出すのに、勢いを付けないと吹けないから遅れるんです。」

    練習、練習。

    個人レッスン458回目(2018/1/2回目)


      上の奥歯が二本無くなって、入れ歯になりました。
      ブリッジが上あごを通ってます。

      タンギングが・・・・
      めちゃめちゃ吹きにくいやん。

      Selected Duets for Clarinet: Easy to Medium

      1番

      いろんなところから息が漏れてる感じがします。

      入れ歯を外して、
      2番

      吹きやすい。
      トランペットを吹くときだけ入れ歯を外す?

      3番はかえるの歌形式の輪唱ですね。

      三拍子の拍を取るのが苦手なのか?

      4番はマーチ。

      これもいつものように吹けるんですが、いちいち入れ歯を外すのは面倒やな。

      「歯が無くなるという事は、
      トランペットを吹くことにとっては、とても大きな事件なんですよ。」
      という師匠の言葉が身に沁みます。

      レッスン後の練習でタンギングをすると、やはり息が漏れる。
      高い音は出やすくなってる気がしますね。

      練習、練習。

      個人レッスン457回目(2018/1/1回目)


        あけましておめでとうございます!でレッスン。

        Selected Duets for Clarinet: Easy to Medium

        1と2

        リフレインなしでやると少し余裕が出ましたね。

        4番はマーチ。

        これもリフレインなし。
        調子のいいときもありますね。(笑)

        練習、練習。

        個人レッスン456回目(2017/12/2回目)


          Selected Duets for Clarinet: Easy to Medium

          1と2

          「吹き切ることだけに集中しないように。
          雑になるくらいなら、リフレインしない方がいいです。
          音色を考えて、余裕をもって相手の音を聴いてください。」

          体育会系なもので、どうしてもやり切ってやる!感が強いんでしょうか。

          3番はかえるの歌形式の輪唱ですね。

          4番はマーチ。

          バタバタしていて練習不足。

          練習、練習。

          個人レッスン455回目(2017/12/1回目)


            Selected Duets for Clarinet: Easy to Medium

            1と2

            リフレインが多いですね。
            D.C.もある。(汗)

            「ピアニッシモ、フォルテを意識して吹いてください。
            同じ調子で吹かないように。」

            もう少し練習しないと。

            GO TOP