FC2ブログ

個人レッスン493・494・495・496回目(2019/1/1・1/2・1/3・2/1回目)


    ずぼらになって4回まとめて、2019年のおはなし。

    以前、
    「何の曲を吹いたらいいでしょう?」と師匠に聞いたことがあります。
    「この曲を吹きたい!と思わないと。
    食事に行った時、『何食べたらいいですか?』と聞きますか?」

    そうですよね。
    レッスンしていただいて、この曲を吹きたいからこの練習をするんだと思わないと、目標がないですよね。
    確かにトランペットより料理のほうが時間かけてて、これを作りたいとか、これが食べたいとか言われて、
    そのために調べたり、試作したりしますもんね。

    その感覚が音楽に対して薄いんですね。
    いろんなお店の料理を食べるように、いろんな音楽を聴きたいと思わないと上達しないのが15年たって理解できました。

    「この曲が吹きたい!」と思える曲を早く見つけないと。

    個人レッスン489・490・491・492回目(2018/11/3・12/1・12/2・12/3回目)


      ずぼらになって4回まとめて、2018年の総括です。

      「おなかに力が入って、ブレーキになってます。
      肩を上げて、胸を張って、お腹を引っ込めて吹いてください。」
      「すごく不自然なんですけど。」
      「日本人が自然にすると、西洋人とは全然違う姿勢になるんです。
      姿勢から別物にしないといけませんよ。」

      はい、始めたころから言われてます。
      疎かにはしてないつもりですが、やらなかったんでしょうね。

      姿勢を正して吹いてみました。
      Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

      11番・9番

      「一つブレーキが外れただけで、音色がよくなりましたね。」

      2018年の吹き納め、褒めていただいて嬉しかったです。

      2019年もよろしくお願いいたします。m(__)m

      個人レッスン488回目(2018/11/2回目)


        「クラークでファーストスタディーが終わってセカンドに行くと、音がベロベロ。
        今までの倍ファーストスタディーに時間をかけてるからでしょうか?」

        「練習するときは、ちゃんと休まないとだめですよ。
        もう一人自分がいると思って、一回吹いたらその分休んでください。」

        時間がもったいないので、ついつい吹きすぎるんですよね。


        Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

        10番 MENUET

        ドからシへピストンなしで動く練習をしてから、低いミとファのトリルは安定感が増しました。
        上のミとファはまだ駄目ですね。

        ずっと音程を考えるのに慣れてないんですね。


        9番

        16分音符のスラーがいい感じになってきました。


        練習、練習。

        個人レッスン487回目(2018/11/1回目)



          Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

          10番 MENUET

          トリルができない。

          ドからシへピストンなしで動く練習。
          「これは難しいので練習しなくていいですよ。」
          と言われましたが、やってみてます。

          一日中練習しないと、思い通りの練習はできませんね。

          9番

          まだ16分音符のスラーがいい加減。

          練習、練習。

          個人レッスン486回目(2018/10/3回目)


            アーバンとクラーク、トランペットでは有名な教則本ですね。

            クラークの録音はYoutubeにもあるそうです。

            アーバンはピストンのトランペットを広めた方。
            どんな演奏者だったかは、録音がないのでわからないそうです。

            Twenty-Two Duetsu(RATHGEBER)

            10番 MENUET

            曲の感じがつかめませんね。
            トリルもわからないというかできない。

            師匠に吹いてもらいました。
            トリルはミとファ♯。(難しい。)

            後で復習しましょう。


            9番

            16分音符のスラーがいい加減。
            バジングで吹くと全然その音が鳴ってません。orz

            ここでアーバンの話をしたんですが、
            「アーバンの教則本は、パリの『コンセルバトワール』のトランペット科の教則本です。
            できなくて当たり前なんですよ。」

            「クラーク」はと聞くと、
            クラークが日々練習してたのを出版した本だそうです。

            もう石の上にも3年の5倍やってますから、少しでも前に進みたいですね。


            5番

            リズムも取りやすくなってきましたね。
            高い音で聴きぐるしくなるのが問題ですね。(汗)


            練習、練習。
            GO TOP