「とみ多」@難波で日本酒三昧

飲み会が早く終わったので、炎の浪花男さんにつきあってもらって「とみ多」へ。
とみ多とみ多
大将は高級居酒屋と行ってますが、ちゃんと暖簾は割烹

暖気運転は完了しているので、日本酒をおまかせで。
山ユおばけ
あては、おばけの酢味噌。
おばけは酒に合うわ。

鱧(韓国産)の落しと蛸。
刺身
鱧、もっチャリと美味しい。

で、日本の鱧と食べ比べ。
鱧(日本産)
上品に食べ比べたので、私には・・・・・orz

磯自慢吟醸。
磯自慢(吟醸)

鱧と穴子の柳川。
鱧の柳川鱧
ほっこりしてて、美味しい!

ネタで見せてくれたのがこれ。
焼酎

十年古酒を。
達磨正宗(十年古酒)
熟成香がします。(私はちょっと苦手。)

あては、小芋。
小芋
ツルッと、これ好きです。

大将が「鮎焼きましょか?」と。
BEFORE
鮎

AFTER
鮎塩焼き鮎
立派な鮎は、頭からいったらちょっと手ごわかったですね。

鮎には、磯自慢特別純米。
磯自慢(特別純米)
私は、大吟醸派じゃないので、この選択大好きです。
食べながら飲むにはぴったりのお酒。

花の香(純米吟醸)
花の香(純米吟醸)

穴子の押し寿司
穴子寿司
穴子がほっこりしてて、美味しい。(まだ食ってますが。)

大吟醸雑賀(純米吟醸)十四代(純米吟醸)
たくさん飲んでるようですが、グラスに一杯ずつなので・・・・・・・・・・・・・・・結構飲んどるな。
ガッツリ飲みました。

ごちそうさまでした。


大きな地図で見る

コメント


トラックバック

炎の浪花男 なんばの割烹で酒ざんまい!『割烹 とみ多』

『なんばの割烹、おっちゃんに連れてもぉて行ってきました♪』 この日は、公私共にお世話になってる“おっちゃん”のお供。 前から『ツレがミナミで割烹やってんねん!』 って、おっちゃんは言うてはった...

2011年08月20日(土) 07時51分 | 炎の浪花男の 『グルメ ラヴィリンス』※続「直球(ストレート)一本勝負!」

GO TOP