ゆで玉子の黄身の硬さをコントロールする「エッグタイマー」


    先日、味玉を作った時、お嬢に、
    「黄身が半熟じゃないのが残念。」と言われたので、どうすれば安定して半熟卵を作れるか考えていました。
    IMG_39902016S1.jpg


    ということで、「よーいドン!サンデー」でやすともが出ていたキッチングッズの番組に食いついてしまいました。

    その名も「エッグタイマー」
    IMG_39852016S1.jpg
    便利グッズにはあまり飛びつかない方ですが、ガッツリ食いつきました。

    ネットで検索すると、色々な「エッグタイマー」があったのですが、
    テレビでやっていたのは東急ハンズで売ってるやつ。

    お昼から、大阪へ。(定期忘れて出費がかさむ。
    東急ハンズ梅田で店員の方に探してもらうと、最後の一個発見。
    これは友人へのプレゼント。

    自分でも検証したかったのですが、定期も無いし・・・・
    とりあえず東急ハンズ心斎橋店に電話すると、
    「在庫が2個ございます。」と。
    「取り置きしておいてください。
    今から行きます。」(定期もないのに・・・・)

    途中大師匠に捕獲されましたが、無事帰宅。

    早速作ってみました。

    説明はありますが、実践に勝るものなし。
    IMG_39862016S1.jpg
    玉子は、冷蔵庫から出して30分くらいおいて常温に戻した方がいいとのこと。

    このグッズの便利(使いやすい)のは、玉子と一緒に煮ていいこと。
    IMG_39872016S1.jpg
    このまま火をつけます。
    材質が樹脂なので、空焚きには注意!

    時間を図る必要はありません、周りから黒くなってきます。
    IMG_39882016S1.jpg
    好みの固さになったと思ったら、すぐに水にさらします。

    出来上がりがこれ。
    IMG_39902016S1.jpg
    いい感じでしょ。

    かみさんには、
    「それなんぼするの?
    1,000円くらいする?」
    「うん。」
    「卵何パック買えるねん!」
    と言われましたが、これだけは譲れません。

    お嬢の好みの味玉、作って見せます。(笑)

    コメント


    トラックバック

    GO TOP