個人レッスン400回目(2016/6/1回目)


    祝!400回!
    30分のレッスンですから、200時間も師匠と一緒にいたことになりますね。
    トランペットを吹くことに飽きず、師匠に見捨てられず(これはわかりませんが(汗))、良く続いていると思います。

    師匠曰く、
    「物事に飽きないのも才能です。」だそうです。

    飽きないついでに、トランペットのバルブガイドをデルリン(白いプラスチック)製から真鍮製に交換しました。
    吹いてみて感じるのは、音色が少し硬くなったのと、上の音(Hi B♭)が当たりやすくなったこと。
    下のEとFは、当たりにくくなりました。

    師匠に吹いてもらうと、
    「上の【ソ】が、ぼやけてますね。」
    「それ、5年前にも言われて、私の吹き方が悪いので、楽器に悪い癖がついたままなんですね。」
    「改造すると、いいこともありますが、今までなかった悪いところも顔を出します。
    自分がどっちをとるかを見極めないといけませんよ。」

    ボトムキャップもそうですが、明らかに結果の出る改造は楽しいですね。

    旧アーバン デュエット 10
    お初です。

    アクセントがつけられない。
    「16分音符でまず最初にアクセントをつけてタンギング。
    次は、二つ目、三つ目、四つ目とアクセントをつける場所を変えて練習してください。

    クラークのファーストスタディー、スラーとタンギングを合わせて練習してください。
    最初は一音目と二音目、二音目と三音目・・・・。
    次は、スラーを三音かけて、順番に。」

    全然できない。orz

    練習練習。

    今夜は、400回記念で師匠とガッツリ飲みましょうね。

    コメント


    トラックバック

    GO TOP