個人レッスン435回目(2017/5/3回目)


    先日「高田将利」さんのトランペットセミナーに行ってきました。

    タンギングの仕方、Gmペンタトニックスケールが特に印象に残りました。

    発音はクラシックのほうが、先が細くなると。
    ジャズは、そのままの圧力で最後まで吹く。

    師匠に聞くと、
    Ta-とDa-tの違いだとのこと。
    ノートを取ろうとすると、
    わからないことを自分の言葉でまとめてはいけません
    聴いてわからないものは吹けないですよ。
    沢山の音楽を聴く中で、発音がわかってくることです。」
    聴く音楽の量が、絶対的に足りないんですね。

    Gmペンタトニックスケールだけでアドリブが吹けるそう。
    高田さんも実際に吹いておられました。

    練習しましたよ。
    リアルプレーヤーでBlues Jazzを選択して、キーは「G」。
    気持ち悪い。
    下手なのか?

    その答えが二日目にわかりました。
    Bb楽器のGmペンタトニックスケールは、Fmペンタトニックスケール(in C)になるんだと。
    キーを「F」でやってみると、結構吹ける感じです。(喜)

    練習、練習。

    コメント


    トラックバック

    GO TOP