「とみ多」@難波南地で絶品「鱧すきなべ」とうまい酒


    IMG_21182017S1.jpg

    東京からのお得意様をお連れして高級居酒屋?「とみ多」へ。
    IMG_21092017S1.jpg

    IMG_21102017S1.jpg
    東京では「鱧」は、梅肉でしか食べたことが無いそう。
    では今日は「鱧すきなべコース」にしましょうか。

    まずは乾杯!
    IMG_21112017S1.jpg

    IMG_21122017S1.jpg
    先付けは、茗荷のお寿司、蛍烏賊、エンドウ豆。
    ビールがすすみますね。

    お刺身は、鱧(梅肉)、鯛、ハリ烏賊。
    IMG_21132017S1.jpg
    鱧ふわふわです。

    小鉢は、鱧の肝と浮袋の酢の物。
    IMG_21152017S1.jpg
    浮袋の食感が酒を呼びます。(笑)

    今回、お酒は大将にお任せ。
    IMG_21172017S1.jpg
    ここのお酒は、美味しいのに料理の邪魔をしないんです。(飲みすぎますけどね。(笑))

    鱧すきは鱧がいっぱい。(喜)
    IMG_21182017S1.jpg
    女将さんがたいてくれました。
    絶妙な火加減で鱧はふわふわになります。

    鱧すきなべで大事なのは、玉ねぎ
    鱧のだしで炊いたら、たまらなく美味しいです。

    お酒もどんどん。(汗)
    IMG_21202017S1.jpg

    「鱧」のイメージは、小骨だそうですが、ここの鱧は小骨を感じさせません。
    「鱧が食べれなかった方でもここの鱧は食べられるとおっしゃいます。」とおかみさん。
    お得意様もガッツリ食べておられましたね。

    鱧の天ぷらはお塩で。
    IMG_21212017S1.jpg

    IMG_21222017S1.jpg IMG_21232017S1.jpg
    ふわふわに揚がった鱧は、酒を呼びます。

    箸休めは畳いわし。
    IMG_21242017S1.jpg
    こう見えても結構な高級食材です。

    鱧のだしがたっぷり出たところに饂飩を入れます。
    IMG_21252017S1.jpg
    美味い!

    〆には鯵の棒寿司。
    IMG_21282017S1.jpg
    お腹いっぱいです。

    止めの一品は、鮑の酢の物。
    IMG_21292017S1.jpg

    IMG_21302017S1.jpg
    またお酒も追加してしまいました。

    にぎやかしく、楽しく飲みました。

    ごちそうさまでした。



    関連ランキング:割烹・小料理 | 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)JR難波駅


    コメント


    トラックバック

    GO TOP